マンチェスターユナイテッドチケット プレミアリーグチケット イングランドサッカーチケッ プレミアシップ アーセナル チェルシー マンチェスター リバプール

プレミアリーグ チケット専門店 プレミアシップ イングランドサッカー専門店

マンチェスターユナイテッド情報

マンチェスターユナイテッドチケット情報へ

マンチェスターユナイテッド チケット 手配 価格

メトロリンク・マンチェスター空港線について(2014.10/16)

英国、マンチェスターでは空港から市内への移動が鉄道のみと少々不便を感じていた方も多いと思いますがこの空港/市内間を結ぶ新しいメトロリンク(トラム)が1年前倒しで開業となる予定です。 現在のところ10月20日の試験運転を経て11月3日頃から運行開始となる予定です。但しあくまでも予定ですので今後の状況によりずれ込む可能性もございますのでご注意下さい。 この新しいメトロリンク、エアポートラインは12分間隔で運行されるようです。

メトロリンク

 

OLD TRRAFORDへのアクセス
ピカデリー駅からトラムに乗車しオールドトラフォード駅下車。下車後スタジアムまで徒歩10分程度です。尚ロンドンからマンチェスターへの週末の移動に鉄道を使用される場合は大幅な遅延が発生する可能性があります。余分過ぎる程の余裕をもって移動して下さい。週末は工事等とも重なり再三の遅延が報告されています。過去列車遅延で観戦出来ない/途中から観戦というお客様が沢山いらっしゃいます。くれぐれもご注意下さい。

タブレット端末持ち込み禁止について(2014.8/12)
マンチェスターユナイテッドはオールドトラフォードでファンがスタジアムにipadなどのタブレット端末の持ち込みを一部制限することをファンクラブメンバーに通知したようです。15センチ×10センチ以上の大きさのタブレットを持ち込むことが禁止となりますので入場の際の手荷物検査で発覚すると一時預かりとなりますのでご注意下さい。

マンチェスターユナイテッドオールドトラフォード
OLD TRRAFORD,MANCHESTER

●マンチェスターへ

今回スタッフのマンチェスターへの訪問はリバプールのジョンレノン国際空港へ到着、ここからバスでマンチェスターへ移動しました。しかし多くの皆様はリバプールに飛行機で到着するパターンはそれ程多くないかもしれません。もしもリバプール空港に到着される場合には一旦市内へ移動してから列車でマンチェスターへ向かう方が簡単かもしれません。

ロンドンに到着の方であれば列車で、欧州内の都市からであれば飛行機でマンチェスター空港へ直接インされる方が多いことと思いますが観光等を含め旅程を考えてみてはいかがでしょうか。

個人的には何度もマンチェスターを訪れていますがマンチェスターより観光スポットも多く、ホテルも安いリバプールをベースとして観戦日だけマンチェスター往復という方法が気に入っています。旅程に余裕のある方、マンチェスターは観戦だけという方はこちらをお勧めします。

マンチェスターユナイテッドチケット
紙チケットの他クラブカードでの入場が増えています。

マンチェスターユナイテッド
2014/15シーズンクラブカード

 


大きな地図で見る  

さて今回ご紹介するマンチェスターユナイテッドの本拠地は言わずと知れたオールドトラフォードです。ここは洗練されているというのがその印象でしょうか。新しいスタジアムを含めいろいろなスタジアムを訪問しましたがこのオールドトラフォードは本当に大きくて素晴らしいといった感じです。スタジアム正面にはオフィシャルのショップ「メガストア」が私たちファンを待っています。スペースも広く買い物もしやすい環境でいつも多くのファンや観光客で溢れ返っています。

香川選手に会いたくて入り待ちにトライ!

香川選手
 サインくれるかなあ

 

香川選手
おっとこちらへ近付いてきたぞ

 

香川選手
更に近付く

 

香川選手
通り過ぎちゃったよ

 

 

香川選手
おいおい行っちゃった

 

香川選手
あ〜あ

スタジアムツアー情報

オールドトラフォードのスタジアムツアーは通常月〜日の9時40分〜4時半に行われています。試合がある日等は中止となります。これとは別に日にちによってはツアーがキャンセルの場合もございますのでご注意下さいませ。価格はミュージアムのみが11ポンド、ミュージアム+ツアーが18ポンドです。催行日や料金は変動する可能性がありますので必ずご自身で最新情報をご確認下さいませ。(2013年11月現在)

スタジアムツアー料金等の情報はこちら

オンラインでツアーの申し込みが可能です

 

 


これがオールドトラフォード、ビッグクラブマンチェスターユナイテッド

 


道路を隔てて向こうにそびえるのがオールドトラフォード

 


伝説の名選手ジョージベスト氏を偲んで

 


これがオフィシャルショップのメガストア


これぞファーがソン監督も通るディレクターズエントランス

 


WEST STANDの地図

 


マンチェスターの歴史的大惨事ミュンヘンの悲劇を忘れないために設けられ1958年2/6を指す時計


試合前の風景


スタンドは超満員です

 

マンチェスターユナイテッドオールドトラフォード
OLD TRRAFORD,MANCHESTER

お席概要
SouthのUpperは2階席ではなく、1階席の後ろといった感じです。Lowerは前席と後席の傾斜角度が少ないです。
North Tier3は3階席でかなり上まで階段を昇らなければなりませんので、お年を召した方、心臓の弱い方、高所恐怖症の方などにはきついかもしれません。ピッチから遠くなりますので選手の顔はよく見えませんが、観戦には問題ありません。全体が見渡せるという利点もあります。・大きなクラブとしては珍しくスタジアム内に映像スクリーンがありません。(Liverpoolにもありません)よってゴール瞬間をビデオ画面にて改めて見る事ができません。・シーズンチケット席(年間予約席)もあるNorth Tier1の前列は(特にWest stand寄りは)お薦めです。これは試合開始前の練習から楽しめるからです。North側で先発メンバーによるミニゲームも繰り広げられます。Southに近いところではサブの選手が練習をします。
WestStandの裏側(外側-選手が駐車場に向かう方向)にて待機していれば試合後早い時は1時間後、大体1時間から2時間の間に選手が中から出てきます。選手からのサイン入手はそこが狙い目となります。

 


ゴール裏アッパー席からの観戦(1)

 


ゴール裏アッパー席からの観戦 (2)

 


イングランドでも人気のルー二ー選手はファンを大切にし時にはサインをくれます

 

 


カーリングカップ(現キャピタルワンカップ)のポスター

 

 


メトロリンクの最寄り駅「オールドトラフォード」

 


これがメトロリンク=路面電車です

 

最新のマンチェスターホテルとスタジアムへの行き方事情

リバプールよりもホテルがかなり高いのがここマンチェスターです。もちろんサッカーだけでなくビジネスの中心都市の一つでもあるマンチェスターという事情はありますがやはり安いに越したことはありません。私の場合は前述の通りリバプールをベースに往復する場合、もしもそれが出来ない遅い試合開始時間の場合は面倒でもマンチェスターの空港へ宿泊しています。市内よりは各ホテル安く宿泊可能です。

 

マンチェスターピカデリー
鉄道は早めのネット予約がお得です

 

そしてここからはメトロリンクでオールドトラフォードへ向いますが慣れない方、初めての方はオールドトラフォードを目指しても良いのですが様子がある程度分かる方、時間に余裕がある方であればECCLES方面行きに乗りEXCHANGE QUAY駅で下車しスタジアムへ徒歩で向う方が電車が断然空いていてスムースな移動が出来るかもしれません。

またスタジアムへは多くの地元のファンが向いますので特に試合日に限っては間違う事はないと思います。途中ジャージやマフラー、Tシャツ等を売る出店もありますのでスタジアムへ向かいながら必要なものを揃えることも可能です。

 

メトロリンク
メトロリンク路線図

 

メトロリンク
街中を走るメトロリンク

 

メトロリンク
こちらもメトロリンク

 

エクスチェンジクエイ
オールドトラフォードへ向うためEXHANGE QUAY駅で下車

 

 

マンチェスターユナイテッドチケット
メトロリンクを下車してスタジアムへ向うサポーター

 

 

マンチェスターユナイテッドチケット
サポーター垂涎のサポーター向け出店

 

マンチェスターユナイテッドチケット
こちらもサポーターズショップ

 

マンチェスターユナイテッドチケット
ファーガソン前監督の銅像

 

マンチェスターユナイテッドチケット
アレックスファーガソンスタンドへ名称も変更

 

 

 

マンチェスターユナイテッドチケット
ファーガソンさんの銅像等を記念に撮影するファン

 

 

マンチェスターユナイテッドチケット
WESTスタンド側からアウェー側の選手達がバスで到着

 

 

マンチェスターユナイテッドチケット
横付けされ選手達が降りてきます

マンチェスターユナイテッドチケット
こちらはQPRハリーレドナップ監督

 

 

お申し込み、お問い合わせはコチラ



千葉県公安委員会許可 第441070001676号
Copyright(C) 2000-2014 Bell The Cat Ltd.,Japan All right reserved.